法律相談なら相続問題から交通事故、不動産取引、労働紛争や内容証明など対応【錦華通り法律事務所】

03-5577-4851

弁護士費用

弁護士費用

弁護士費用の種類

弁護士費用には、「着手金」、「報酬金」、「手数料」、「時間制報酬」、「日当」、「実費」、「法律相談料」、「顧問料」があります。

弁護士費用は、事件の内容(事件の種類、当事者間の争いの有無、難易度の違い、係争金額など)によって、金額が異なります。

詳しい金額については、各事件類型の料金表をご参照ください。


着手金

着手金は、当事務所に事件処理をご依頼いただく際に、事件処理の手続きを進めるためにお支払いいただく費用です。

事件処理が不成功に終わった場合にも着手金のご返金はいたしませんので予めご了承ください。


報酬金

報酬金は、事件処理が成功した場合にお支払いいただく費用です。事件処理の一部が成功した場合には成功の度合いに応じてお支払いいただきます。


手数料

手数料は、書面作成や法律関係の調査など、事務的な手続きをご依頼いただく際にサービスの対価としてお支払いいただく費用です。

具体的には、内容証明郵便による通知書や契約書の作成、遺言書の作成、法律関係の調査、会社関係の手続きの補助などを行う際に、一定額の手数料を頂戴しております。


時間制報酬

時間制報酬は、弁護士の作業時間に応じて、お支払いいただく費用です。複雑な契約書の作成や、多くの作業量を要する調査業務、事件の性質上経済的利益の把握が困難な事件などをご依頼いただく際には、時間制報酬を採用させていただいております。


実費

実費は、事件処理の手続きを進めるために、実際に支払いが必要となる費用です。

弁護士の移動に伴う交通費や宿泊費、裁判所に納める印紙代や郵券(切手)代、記録謄写費用、調査会社に支払う調査費用、鑑定料などが実費に含まれます。

当事務所では、原則として、事件処理をご依頼いただく際に実費として想定される金額を預かり金として納付していただき、事件処理の終了後に、実際には出費しなかった分についてご返金させていただいております。

納付いただいた預かり金額が、実費に足りない場合には、不足額を追加でお支払いいただく必要がございます。


日当

日当は、弁護士が事件処理のために当事務所所在地から移動する必要がある場合に、時間的な拘束に対してお支払いいただく費用です。出廷日当(裁判所に出廷するごとにお支払いただく費用)と出張日当(出張するごとにお支払いいただく費用)があります。

なお、交通機関による移動、宿泊を伴う場合には、日当とは別に、交通費や宿泊費をお支払いいただきます。

日当が必要となる場合には、事前にご連絡させていただきます。


法律相談料

法律相談の際にお支払いいただく費用です。

当事務所では、30分毎に5,400円(税込)のご相談費用をお受けしております。


顧問料

顧問契約に基づきお支払いいただく費用です。

顧問弁護士制度についてはこちらをご参照ください。

お問い合わせ 03-5577-4951
事務所までの道のり
顧問弁護士制度
内容証明LP