法律相談なら相続問題から交通事故、不動産取引、労働紛争や内容証明など対応【錦華通り法律事務所】

03-5577-4851

所属弁護士

品川広志 弁護士

品川広志
品川 広志(しながわ ひろし)

プロフィール

1995年3月 慶應義塾志木高等学校卒業
1999年3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1999年11月 司法試験合格
2001年4月 最高裁判所司法研修所入所
2002年10月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
2002年10月 森・濱田松本法律事務所入所
2008年5月 アメリカ合衆国 南カリフォルニア大学法科大学院卒業(University of Southern California Gould School of Law LL.M.)
2008年9月
  〜2009年7月
アメリカ合衆国アトランタ市
Alston & Bird法律事務所にて研修
2009年9月
  〜2010年9月
モルガン・スタンレー証券株式会社 投資銀行本部
(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)に出向
2010年8月 米国カリフォルニア州弁護士登録
2010年10月 森・濱田松本法律事務所復帰
2012年1月 錦華通り法律事務所開設
2012年4月〜 東急リアル・エステート・インベストメント・マネジメント株式会社 コンプライアンス・リスクマネジメント委員会 外部委員
2013年3月〜 星野リゾート・リート投資法人 監督役員
2015年6月〜 株式会社みらいワークス 社外監査役
(運営サイト:フリーコンサルタント.jp
2015年9月〜 タカラアセットマネジメント株式会社
コンプライアンス委員会外部委員
2016年3月〜 株式会社セルテクノロジー 社外監査役
趣味・好きなこと

不動産探し、サーフィン、サイクリング、ゴルフ(初心者)、お酒を嗜むこと

モットー

ご依頼者の満足を第一に、丁寧かつ適切な事件解決を目指します。

取扱分野

弁護士登録以来9年余り大手法律事務所で執務し、上場企業を中心とする大手企業に対して法的サービスを提供してまいりました。コンプライアンスに関するアドバイス、M&A(合併、企業買収、企業再編等)、契約交渉、株主総会指導、労働問題を含め、幅広く企業法務案件に携わってまいりましたが、特にファイナンス案件、公募増資案件、企業の上場案件、REIT案件等に注力してまいりました。また、離婚、損害賠償、債権回収、不動産関連のトラブルに関するアドバイスも継続的に行っております。その他、弁護士登録以来、刑事弁護も定期的に行っております。

法律顧問

事業を遂行するに際しては、あらゆる場面で法律問題が発生し得ます。日ごろから弁護士とコミュニケーションをとることで、法律問題の多くは回避することが可能です。定額の弁護士報酬を支払うことで気軽に法律相談ができる顧問契約は、結果として人的・物的コストを抑えることとなります。当事務所では上場会社様や医療機関様をはじめとして多数の法人と顧問契約を締結させていただいております。顧問契約の内容はご依頼者のご事情に応じ、柔軟に対応させていただきます。お気軽にご相談下さい。

意見書(リーガルオピニオン)の作成、ノーアクションレターの申請

新しい事業に進出する際には、法的問題がないことの確認が必要です。また、ローンを組む、上場を目指す際には、金融機関から業務の適法性についての弁護士意見を求められることが多くあります。弊職は、大手法律事務所において幅広い業種における業務の適法性の確認をし、数多くの意見書を作成してまいりました。また、弁護士の見解だけでなく、行政からのお墨付きもほしいという場合には、ノーアクションレター(監督官庁から当該ビジネスを行っても処罰をしない(no action)ということを書面にて約束してもらう法令適用事前確認手続)の申請のお手伝いもさせていただいております。

不動産関連業務

不動産は、企業・個人を問わず日々接する機会の多い資産ですが、不動産取引には高度な法律知識や面倒な手続きが要求されます。また、不動産のプロフェッショナルであっても、不動産取引に関連して法律問題が発生した場合には、弁護士に依頼することで効率的な解決を図れます。弊職は、弁護士登録以来、不動産購入時の法的調査(物件デュー・ディリジェンス)、不動産の保有・運用中に生じる様々な法律問題の対処に従事してまいりました。

不動産は高額であるが故に安易な購入による失敗は許されません。また、不動産トラブルは想像以上の重荷となります。転ばぬ先の杖として、不動産取引に関するコンセルジュとして皆様のお役に立ちたいと思っております。


不動産に関わる代表的な法律問題

  • ・購入した物件に欠陥(瑕疵)があった。
  • ・購入した物件が違法建築だと指摘された。
  • ・購入前に説明を受けた眺望・日照と全く違う。
  • ・手付金を支払った後に売主(不動産屋)が倒産してしまった。
  • ・購入が成立しなかったのに不動産屋から報酬を請求された。
  • ・リフォーム工事が手抜きだった。
  • ・上階から水が漏れてきた。
  • ・隣地との境界がはっきりしない。
  • ・隣人による騒音やゴミ出しに悩まされている。
  • ・引越後に近所に暴力団事務所があることがわかった。
  • ・後から建ったビルによるビル風に悩まされている。
  • ・賃借人による滞納が続いている。
  • ・賃借人でない者が住みついている。
  • ・賃借人に夜逃げされてしまった。
  • ・大家が敷金を返還してくれない。
  • ・大家から多額の修繕費を請求された。
  • ・設備が壊れたのに大家が修理してくれない。
  • ・地震で建物が倒壊し大けがをした。
著書・論文

「こんなときどうする 製造物責任・企業賠償責任Q&A =その対策のすべて= 」

(共著、第一法規、2007年)

林 正裕 弁護士

林 正裕
林 正裕(はやし まさひろ)

プロフィール

1995年3月 慶應義塾志木高等学校卒業
1999年3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2010年3月 明治大学法科大学院卒業
2010年9月 新司法試験合格(労働法選択)
2010年11月 最高裁判所司法研修所入所
2011年12月 弁護士登録(東京弁護士会)
2012年1月 錦華通り法律事務所開設
2012年4月〜 東京弁護士会労働法制特別委員会所属
2012年4月〜 東京弁護士会相続・遺言部所属
趣味・好きなこと

ゴルフ(初心者)、テニス、飲み歩き、競馬、韓国

モットー

ご依頼者の不安・不満を親身に受け止め、それを取り払う最善の解決を目指します。

取扱分野

相続問題、交通事故その他一般民事事件、

労働問題(使用者側・労働者側問わず)

法律顧問

事業を遂行するに際しては、あらゆる場面で法律問題が発生し得ます。日ごろから弁護士とコミュニケーションをとることで、法律問題の多くは回避することが可能です。定額の弁護士報酬を支払うことで気軽に法律相談ができる顧問契約は、結果として人的・物的コストを抑えることとなります。顧問契約の内容はご依頼者のご事情に応じ、柔軟に対応させていただきます。お気軽にご相談下さい。

著書・論文

「実務解説 相続・遺言の手引き」

(共著、日本加除出版、2013年)

                        

「こんなときどうする 製造物責任・企業賠償責任Q&A=その対策のすべて」

(共著、第一法規、2012年)

                        

「実務マスター 遺産相続事件」

(共著、新日本法規、2013年)

                        

「労働事件における慰謝料―労働判例からみる慰謝料の相場―」

(執筆・編集、経営書院、2015年)

お問い合わせ 03-5577-4951
事務所までの道のり
顧問弁護士制度
内容証明LP